トップ > ハイブリッド浄化工法® > 土壌洗浄工法

  • ハイブリッド浄化工法®
土壌洗浄工法

ハイブリッド浄化工法®は、シーリングソイル工法®と土壌洗浄工法の併用による技術です。
土壌洗浄工法では、洗浄により土壌から重金属類を溶解・分離します。
当協会では、従来の水による土壌洗浄に加えて、洗浄助剤を用いた洗浄工法をご提案しています。

土粒子中の重金属類

重金属汚染土のイメージ図
重金属汚染土のイメージ図
土粒子中の重金属類(汚染物質)
・土粒子の表面に付着している
礫・砂に比べて粒径の小さいシルト・粘土に多く付着する傾向があります。
これは、粒径が小さくなるほど、比表面積が大きくなるためです。

・土粒子の間隙水中に溶存イオンとして存在している

水による洗浄

以下に示すグラフは、鉛汚染土2試料を粒径毎に分けた(分級)場合の鉛含有量の変化を示しています。
いずれも分級前(原土壌)に比べて分級後で微細粒径の範囲で鉛含有量が増加している事が判ります。

粒度別の鉛含有量

粒度別の鉛含有量

水による洗浄は、水を使用して汚染土を湿式分級し、
シルト・粘土の微細粒子を除去することにより、汚染土中の重金属類の含有量(存在量)を低減する工法です。

水洗浄のイメージ図
水洗浄のイメージ図

問題点
・細粒分が強固な集合体を作っていると粒径分級が不完全になる。
・有害物質がわずかに溶出しても、洗浄水がその物質で飽和状態になるため、それ以上の溶出が進行しない。
⇒効率的な洗浄浄化が困難

水+洗浄助剤による洗浄

水による湿式分級洗浄だけでは指定基準適合まで浄化する事が困難な場合があります。
こうした高濃度汚染土に対しては、洗浄助剤を添加する土壌洗浄方法が有効的です。

水+洗浄助剤による洗浄イメージ図
水+洗浄助剤による洗浄のイメージ図

洗浄助剤を洗浄水に添加することで、洗浄助剤中のコロイド粒子が有害物質を協力・多量に吸着します。
洗浄水中に溶出してきた汚染物質は、直ちにコロイド粒子に吸着されるため、
洗浄水中の汚染物質濃度は常に低く保たれ、溶出が持続します。
また、有害物質を吸着したコロイドの大部分は、洗浄水の洗浄工程で完全に除去されます。


PAGE TOP