トップ > シーリングソイル工法® > 品質管理

  • シーリングソイル工法®
概要 現場分析・品質管理

混合が完了した1改良単位(ロット)ごとの改良土から複数の試料を採取し、
簡易分析が可能な物質については現場分析により短時間で改良品質の概要を把握します。
さらに、改良土100~300m3ごとに1試料を公定法分析し、
対象の汚染物質が基準以下におさまっていることを確認します。

オンサイト分析車による現場分析  砒素検知管による改良前後の簡易分析結果
オンサイト分析車による現場分析                  砒素検知管による改良前後の簡易分析結果

汚染地下水処理・モニタリング

重金属汚染土壌の改良工事では、一般に汚染した地下水や洗浄水の浄化処理をともないます。
汚染サイトに適したシステムを構築し、環境基準以下まで浄化して一般環境に放流します。
周辺の自然バックグランドを含め土壌汚染および地下水汚染等について、
施工前後のモニタリングをおこないます。

重金属汚染地下水の浄化処理
重金属汚染地下水の浄化処理


PAGE TOP